Friday, August 31, 2007

I can't be chipper all of the time - いつも前向きでいるのは難しい。

(From now on, I'm not going to note my mood or energy level or anything when I write in the middle of the night - since it's bound to be not great.)
The nighttime, coupled with pain, is such an effective invitation for dark thinking.

My logical side tells me that things will be better in the morning, yet, my heart has a hard time listening to it. Everyone else (well, except for others with insomnia or similar problems) is fast asleep, and I hear an ambulance in the distance. I hope whoever needed the care is OK.

My feet are throbbing in pain with each heartbeat I feel like I have extra hearts in there. I casually mentioned to my massage therapist yesterday that the circulation in my feet felt congested and made me feel nauseous; he immediately offered handstand as a solution. Hmm, how would I do that when my hands and wrists and arms and shoulders are in pain as well? (I know he meant well. I do elevate my feet with multiple pillows.)

My emotional side is strapped down with guilt. The guilt that I hurt. the guilt that I need to go see so many doctors and spend money on medicine. The guilt I can't do more around the house. The guilt I haven't worked for so long. (My common sense tells me that if I were a hiring manager, I wouldn't want to hire someone who gets exhausted, sweaty, light-headed and confused after 1-2 hours.) I even tried listening to meditation tapes specifically designed to help me forgive myself, but it was no use.

Then my doubts for my medical care pop up. As much as I like my doctors and they are supposed to be among the best, everyone is eager to fit me into the mold of their practice. They all promise an improvement, but often seem perplexed about my case. Just how much improvement? There is no telling, and I think a lot of it is up to me. The best I can do is feed myself well, exercise, stay optimistic, sleep, and hope I would boost things like my natural killer cells.

So I know in my head, this nighttime exercise of beating myself up is really in vain. It's more difficult for my heart to understand. I truly hope I can look back at this in the future and laugh at myself. :-/

-A

(夜中に体調とか気分とか書いても悪いに決まってるので、
これから書かないことに決めた。)

夜中の暗さと痛みというのは、くらーいことを考え出すのに
最高のカクテルである。

自分の中の論理的な声は、「朝になればまた気分も変わるよ」と
言うのだが、これになかなか心が聞き耳を持たない。
他のひとはみんな(不眠症のひとや似たような状況のひとは
別として。でも猫も含む)寝息をたてて寝ており、
起きているわたしには遠く救急車のサイレンなぞ聞こえる。
急患のひとが大丈夫になるといいなあ、と思う。

足はうっ血しているような感触で、ずきずき鼓動とともに
痛く、まるで足に心臓があるように感じる。
こんなときは悪心で眠れないので、
昨日マッサージセラピストのジョナサンにそれとなく
自分でこんなときどうセルフケアできるか聞いて
みたのだが、「逆立ちしたらどうかな」と言われて
ガックリ。 手も手首も腕も肩も痛いというのに
どないしろっちゅーねん。
(悪気がないのはわかってるけど。
幾つもの枕で足はたかーくしている。)

感情的な声のほうは、罪悪感でいっぱい。
痛いことに罪悪感。 医者にいろいろ通って
医療と薬にお金がかかることに罪悪感。
家事をもっとてきぱきできないことに罪悪感。
(もともと得意なほうじゃないけど。)
ずっと働いていないことに罪悪感。
(常識的に考えて、わたしが雇用主だったら、
1~2時間働いただけで疲れ果てて汗を噴き出して
目まいがして混乱する従業員はほしくないと思う。)
苦し紛れに「自分を受け入れられるようになるめい想」
とかいうテープも聞いてみたけれどダメ。

で、自分は出来ることを全てしているのか、
受けている治療に対して疑問がわいてくる。
かかっている医師はみんなその道で「出来る」と言われる
人達で気に入ってはいるけれど、彼女らの行う治療は
どうしてもそのクリニックでスタンダードとなっていることに
偏る。 改善する筈、と言われるのだが、それと同時に
「もっと良くなるはずなんだけどなあ、今度はどうしよう」と
いうような顔も見せる。 どれだけ改善できるのだろうか。
それはわからない。 わたしが自分ですること、
またとる姿勢も大きく影響するのだろう。
いま出来る最善のことは、栄養をバランス良く摂って、
適度な運動をし、希望を持ち、眠って
ナチュラルキラー細胞などを増やす努力をすること。

だから、こんな悩んでいることは役に立たないことだと
頭では分かっている。 心に悟らせるのは難しい。

こんなことを書いていたのをあとで見て、ハハハ、
こんな時もあったっけね、と笑えるようになりたいものだ。

-英

2 comments:

Danc said...

Big hugs. :-)

The good news is that it is a beautiful day today. And there are crackers! :-)

Love,
Daniel.

yamada said...

わけあって私のところは直ぐには入れませんが、いたってまじめ人間です。
自分の弱点をどう捉えて生きていくのか悩んできました、ここにもしかしたらヒントが・・なんて最近は考えなくなり興味ある読み物として拝見してます。