Saturday, May 2, 2009

チューリップと、雨。 - Tulips and rain.



今日は久しぶりに、外は雨。

それと足並みを合わせるように体はひどく痛く、これまた久しぶりに、壊れた蛇口のように、泣いた。 それが私を弱くしたかも知れないが、体が痛かったから泣いたのでは、ない。

人の気持ちとは、上手くいかないものだ。

今週は同じように友人の死を悼むお友達と会い、一緒にお買い物をし、気分が明るくなるかと思いチューリップの花束を買って家に生けた。 確かにそれらは綺麗で、家は明るくなったが、気持ちは残念ながら明るくならなかった。

こうしておけば、と思う手をいろいろ打っても、抑え切れない気持ちはあると知った。

でもこれを書いていて涙は止まったし、生きていれば、明日また(雲のむこうにしろ)日は昇り、新しい日がやってくる。 雨が植物の恵みであるように、涙も心にしみて栄養になるのかも知れない。

明日はチューリップを見て笑えますように。

-英

We've had a good run of sunny days, and today it's finally rainy.

Along with the rain outside my body ached terribly, and as if to match the rain, my eyes leaked like a broken faucet. The pain may have buckled my will, but it didn't cause the tears.

Our feelings, as much as we'd like to believe, aren't always controllable.

This week I saw a friend who also mourned our friends' untimely deaths, so we could support one another. We shopped together at Whole Foods, and in their glorious cheerful display, I spotted beautiful tulips. I thought flowers were supposed to cheer us up, so I bought some and arranged them in a vase.

They did brighten the room, but they didn't cheer me up.

We try all sorts of tactics to control our emotions. I learned today that emotions don't work like a neat formula.

But by writing this my tears stopped, and if we're alive, a new day will come in the morning, and the sun will rise again (even if it's behind clouds). The rain will surely nourish plants. Maybe tears, too, will sink into our hearts and nourish us in the end.

I hope I can smile at the tulips tomorrow.

-A

2 comments:

Shiro said...

最近どうされていますか?外に散歩されると良いかもしれません。自宅の庭に去年ラベンダーを植えたのですが、それが咲いてくれ、なごませてくれています。一人で仕事していますので、いろいろ嫌なこと発生しますけど、そういう時は、海辺にゆき、海岸線を散歩したりしています。

Aya said...

Shiroさん、

書き込みありがとうございます!ご無沙汰しちゃってますが、お元気ですか?ラベンダー、私も大好きです。うちの近所にもあちこちに咲いてます。

このご時勢で保険会社が(さらに)ケチになってきたので、支出を減らそうと点滴の頻度を減らしたら、免疫力が低下したのかずっとしょっちゅう熱を出していました。。。(><)

でも(点滴もまた増やして)最近ちょっと良くなってきて、お散歩、できるだけしてます。金曜日にはお友達にビーチにも連れていってもらいました!(すごい人出で、なごむという雰囲気ではありませんでしたが楽しかったです。)お宅は海に近いのかしら?海岸線のお散歩、素敵ですね。

ブログもまたぼちぼち、更新していこうと思います。