Saturday, April 12, 2008

Learning to fail -- 失敗から覚えること。

The Dalai Lama and Washington Gov. Chris Gregoire (AP)
ダライ・ラマ法王とワシントン州知事クリス・グレゴワー氏。

Sigh (><)

The second day of trying to simultaneously interpret is over. I think it went better than yesterday, but I still made a few mistakes... When you think about it, people study for years at post-graduate level to do this job, so I really couldn't expect to do it smoothly. Even then, I feel bad that it couldn't have been better. It made me think of Daniel's blog post from a while back about Nintendo's strategy to develop prototypes of the games quickly, thus "failing" quickly with as little consequences as possible.

Indeed, failures are needed for success. What I need to do is learn from my failures, quickly, so I can do better on Monday. So we had a reflection meeting over dinner.

I've decided:
- Rather than trying to come up with the "right" word, I should just go through with it with a substitution phrase if needed, so I can move onto the next part of speeches;
- Instead of trying to absorb and understand what is being said before saying something, I should just translate real-time, even if it ends up sounding weird (and follow up if necessary). Otherwise I'd lose track and can't keep up.

These are just some mental notes. Although it has been exhausting, I should be thankful I still have a partner to take turns with -- seeing that one of the Polish interpretors quit after the first day, saying it was just too hard.

I really want to interpret the Dalai Lama's words as accurately as possible. I'll rest up and prepare for Monday :-) Good night!

-A

ハァ〜。(+_+)

同時通訳をなんとかつとめて2日目が終了しました。 昨日よりは少し上手くいったけれど、それでも間違いがほろほろ・・・。 (先住民を原住民と言ってしまったり、長老を酋長と言ってしまったり。 笑えると言えば笑えるけど。。。 そういう人達が出て来るとも聞いていなかったし、とっさに思いつかなかった!) 考えれば、大学院以上のレベルで何年も訓練してみなさん通訳になられる訳ですから、そんな最初から素人で上手くいく筈はありません。 それでもやはり、聞いていただく皆さんに申し訳なくてしょうがありません。

ダニエルが以前ブログの中で、任天堂のゲーム開発のプロセスのことに触れて、「彼等は試作品をすごいスピードで作る。 失敗のコストを最小限に抑え、いいものに絞っていくためだ」みたいな話をしていたのを思い出しました。

確かに、失敗をしてみなければ成功はできません。私が今しなければいけないことは、失敗から早く学んで、月曜日の通訳をもう少し改善することです。 ということで、反省会を夕食をとりながらしました。

学んだことは:
- ドンピシャの単語を無理に思い出そうとしているとつまってしまって後が続かないので、代わりにいくつか余計に言葉を使っても進めるものなら進めてしまう。
- じーっと話の意味合いを完全に理解するまで待っていて通訳すると次の部分が聞けなくなってしまうので、ちょっと変でもどんどん順繰りに通訳していって、後で必要があればフォローする。

ほとんど自分のためのメモですけど。 疲れましたが、まだ交代する相方が残っているだけ感謝しなくっちゃ、と思います。 ポーランド語を担当していた2人のうち1人は、一日目を終えて「難しすぎた」と言って辞めてしまったので。。。

ダライ・ラマ法王のおっしゃる言葉を少しでも正確に通訳できるよう、一日休養をとってまた月曜に備えます。 おやすみなさーい。 m(__)m

-英

2 comments:

Emiko said...

さすが!あやさん!
同時通訳、すごいわね。
かなり気が張ることでしょうに、
体力を整えて、明日もがんばってね。

体力使うかもしれないけど、緊張感もいいかもね。

ありがたいお話でしょうから、やりがいもあるね。

お天気もよさそうな映像でしたね。
まだ、肝心のお話は聞いてませんが、、(笑)。

何か心うたれるお話があったら、今度ブログで簡単に教えてね。

Aya said...

えみこさん

こんにちは〜。
全然すごくないんです(><)
応援、ありがとうございます。

ほんとに、夏のようにお天気の良い日でした。
ダライ・ラマ法王は晴れ男かも?!

そうですね、自分のことなんか話すより、
有り難いお話のことを話した方がいいですね〜。

また仕事を終えたら、どんな講話があったか
ちょっとお話しますね!